ある好事家の記録 主に変な映画の感想

変わった映画を見つけたらそれを語りたいブログ。  主にモンスターパニック映画、特にサメ映画の感想が多め

スノー・ロワイヤル 感想



製作:2019年アメリカ
配給:KADOKAWA

ネルス・コックスマンはコロラド州の田舎町キーホーで除雪業を営んでおり、模範市民賞を受賞するほど勤勉で真面目な善人であった。しかし、息子が麻薬を巡るギャングの諍いに巻き込まれ殺されてしまう。ネルスはギャングたちを皆殺しにせんと拳を振るい除雪車を駆るが、ギャングたちは他の勢力からの攻撃と勘違いしそれがまた別の抗争に発展してしまう。









2014年のノルウェー映画「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」のリメイク版。

「怒りの除雪車」がタイトルのわりに大人しめだったので、リメイク版はさぞかし今風にアメリカナイズされて「96時間」ばりにエンタメ度が高められているのではないかと期待していました。が、本作の監督はオリジナル版と同じ人。ってことでオリジナル版に非常に忠実なリメイクでした。元々が面白い映画なので本作も同様に楽しめはするんですが、細部に至るまでほとんど同じです。これならリーアム・ニーソンのファンでもない限りは両方観る必要はないかなという気がします。




なのでオリジナル版を観た身としては主役がステラン・スカルスガルドからリーアム・ニーソンに代わったことによって生まれた違いに着目していきたいところです。舞台がノルウェーからアメリカに変わったりセルビアンマフィアがネイティブアメリカンになった部分はどうでもいいです。しかし景色はやけにそっくりでしたね。



まず銃で武装したごついチンピラを素手であっさりボコり倒すところですが、ステラン・スカルスガルドだと「なんでこのじいさんこんなに強いんだ?」とかなり疑問に感じざるを得ませんでした。序盤は3人連続でやっつけてしまうのでなおさらです。


が、彼と似たような落ち着いた雰囲気の俳優であるにも関わらず、その強さに一切の疑問を差し挟む余地のないリーアム・ニーソンはさすがの貫禄。模範市民賞を受賞してもおかしくなさそうな風貌でありながら、素手でギャングを瞬殺しても何の違和感もないです。やはりこの穏やかさと知性に加え、狂気と暴力性をもしっかり兼ね備えた俳優は大変貴重であると言わざるを得ない。もう70歳近いしアクション映画はやらないとか言ってたような気がしますが、全然衰えてる感じがしません。
次々と敵を手際よくブチ殺して行く様は「96時間」ほどとは言いませんが爽快です。死人が出た時に名前と十字架を表示する謎演出はリメイク版でも健在ですが、より笑いを誘うようなノリに強化されてましたね。
リーアム・ニーソンの影響もあるかもしれませんが本作はオリジナルよりコメディ寄りになってるように感じました。


しかし、子供を助けに行こうとする「96時間」とは違い、本作は殺された子供の仇を討つ話。なのでリーアム・ニーソンの演技は至ってシリアスで物悲しい。そこはステラン・スカルスガルドよりも分かりやすく強調された演技に見えました。

だというのに、どうしてこうも笑いを誘う作りになっているのか…オリジナル版からそうですが、実に奇妙な味わいの映画です。救いの無い復讐劇を描いているうえ、バイオレンス描写も結構リアルで痛々しいというのに、この映画からは全く悲惨な印象を受けない。ただただとぼけているような感じ。特にラストシーンを見てしまうと、この映画には深い意味など全く無くて単純にマヌケに右往左往して死んでいく悪党を眺めて笑うための娯楽作以上のものではないのかなと思います。オリジナル版を観てないのであれば劇場で観ても損は無いと言っておきます。



コメント

プロフィール

HN:
岩石入道
性別:
男性
自己紹介:
B級~Z級映画が主食。ホラー、モンスターパニック系が特に好き。目についたサメ映画全てチェックしたい
krgm200@gmail.com

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

忍者カウンター

最新コメント

[01/21 切り裂きシンザ]
[01/21 切り裂きシンザ]
[11/19 かおり]
[11/07 みさ]
[10/11 名無しの権兵衛]
[10/05 藤田ごんざ]
[09/29 藤田ごんざ]
[09/12 チャオチャオ]
[09/09 チャオチャオ]
[09/09 チャオチャオ]
[09/08 チャオチャオ]
[09/04 チャオチャオ]
[09/02 チャオチャオ]
[09/01 チャオチャオ]
[08/26 名無しの好事家]
[08/16 名無しの好事家]
[08/08 チャオチャオ]
[08/08 藤田ごんざ]

ページ

P R

ブログ内検索